安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > ザヴィエル

ザヴィエル

ザヴィエル

東洋伝道の使徒、わが国最初の布教者。その聖なる生涯を、苦難の伝道と偉大なる感化併せて描く

著者 吉田 小五郎
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 中世
出版年月日 1988/01/01
ISBN 9784642051156
判型・ページ数 4-6・176ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

少年時代
パリー留学
イエズス会の創立
東洋伝道の召命
インドのポルトガル勢力
インドの布教
伝道の困難
アンジローの日本
鹿児島の1年
鹿児島から山口へ
京都、再び山口へ
山口から府内へ
日本退去
中国伝道の計画
上川島―帰天

フランシスコ=ザヴィエルの署名と各国綴字一覧
附録 ザヴィエル上人の遺骸
聖フランシスコ=ザヴィエル家系図
ザヴィエル略年譜
聖フランシスコ=ザヴィエル伝道足跡図

このページのトップへ

内容説明

東洋伝道の使徒として始めてインドに至り、同地およびマラッカに、ついで日本に来ってキリスト教を伝え、一旦帰印後、さらに中国に伝道を志し、入国のまぎわに熱病に斃れた偉大なる聖職者。日本における苦難に満ちた2年余の伝道は、わが国の歴史の上に画期的意義を有する。本書は、その全生涯の正確・克明な素描である。

このページのトップへ

関連書籍

世界史のなかの天正遣欧使節

世界史のなかの天正遣欧使節

日欧双方に衝撃を与えた彼らの全貌に迫る!

著者:伊川 健二
 
キリシタン信仰史の研究

キリシタン信仰史の研究

教理書や組織の活動から信仰生活に迫る!

著者:五野井 隆史
 
 
ザビエルと東アジア

ザビエルと東アジア

彼の教皇大使の資格に着目し布教構想を発見

著者:岸野 久
 
キリシタン大名

キリシタン大名

武将たちがキリスト教にかけた思いと挫折!

著者:岡田 章雄
 
 
地球的世界の成立

地球的世界の成立 5

独自の小帝国を形成する16~17世紀日本

 
日本キリスト教史

日本キリスト教史

やさしく描き出したキリスト教史の入門書

著者:五野井 隆史
 
 
ザビエルの同伴者 アンジロー

ザビエルの同伴者 アンジロー 126

アンジローに学ぶ異文化コミュニケーション

著者:岸野 久
 
日本キリシタン史の研究

日本キリシタン史の研究

キリシタンの光と影の歴史を解き明かす名著

著者:五野井 隆史
 
 

このページのトップへ