安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 北条泰時

北条泰時

北条泰時

御成敗式目の制定者、稀代の名執権と謳わる。その誠実と苦悩の人間像を激動する時代の上に描く

著者 上横手 雅敬
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 中世
出版年月日 1958/11/01
ISBN 9784642051354
判型・ページ数 4-6・252ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

1 育ちゆく少年
2 承久の乱
3 都の秋
4 執権の喜びと悲しみ
5 式目の世界
6 泰時と仏教
7 花散る春
8 泰時の顔
略系図
略年譜

このページのトップへ

内容説明

日本最初の武家法、御成敗武目の制定者として、また鎌倉時代における稀代の名執権として古来その誉れが高い。北条氏歴代の中で、なぜに泰時ひとりがかくも異数な称讃をかち得たのか。広く関係史料を渉猟し、承久の乱の動揺と武家政権の確立をはかるその時代を背景に、人間泰時の誠実と苦悩の生涯を描き、事績を浮彫りにした好著。

このページのトップへ

関連書籍

中世公武関係と承久の乱

中世公武関係と承久の乱

新史料を発掘し承久の乱研究に新知見を示す

著者:長村 祥知
 
鎌倉将軍・執権・連署列伝

鎌倉将軍・執権・連署列伝

人でよむ鎌倉武家政権の歴史。35人収録

 
 
鎌倉幕府滅亡と北条氏一族

鎌倉幕府滅亡と北条氏一族 7

武士の世を築いた〝敗者〟が残した遺産とは

著者:秋山 哲雄
 
承久の乱と後鳥羽院

承久の乱と後鳥羽院 6

治天の君はなぜ敗れ、その後をどう生きたか

著者:関 幸彦
 
 
現代語訳 吾妻鏡 8

現代語訳 吾妻鏡 8

後鳥羽上皇は義時追討を命じ、幕府と対決へ

 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
 
北条重時

北条重時 260

執権泰時・時頼を支え、幕府に寄与した生涯

著者:森 幸夫
 
千葉常胤

千葉常胤

関東の名族、東国御家人の重鎮。

著者:福田 豊彦
 
 
北条政子

北条政子

尼将軍と謳われた女傑の実像を浮彫りにする

著者:渡辺 保
 
 

このページのトップへ