安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 足利義満

足利義満

足利義満

南北朝を合体し有力諸大名を制圧、幕府の基礎を固む。王者の如き権勢者の面目を時代と共に描く

著者 臼井 信義
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書
人物叢書 > 中世
出版年月日 1989/01/01
ISBN 9784642051507
判型・ページ数 304ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

南北朝を合体し有力諸大名を制圧、幕府の基礎を固む。王者の如き権勢者の面目を時代と共に描く

このページのトップへ

関連書籍

室町将軍の御台所

室町将軍の御台所 474

公家と武家をつないだ女性たちの実像と役割

著者:田端 泰子
 
足利義満と京都

足利義満と京都

相国寺大塔CGなど多くの画像で権力に迫る

著者:早島 大祐
 
 
太平記の世界

太平記の世界

光と闇を生き抜き、戦い続けた人々を描く

著者:佐藤 和彦
 
名前と権力の中世史

名前と権力の中世史 388

足利15代の名前をめぐる将軍権力のゆくえ

著者:水野 智之
 
 
戦国時代の足利将軍

戦国時代の足利将軍 323

なぜ足利将軍は滅亡しなかったのか

著者:山田 康弘
 
室町の平和

室町の平和 5

動乱の中世に訪れた「つかの間の平和」とは

著者:山田 邦明
 
 
元寇と南北朝の動乱

元寇と南北朝の動乱 4

モンゴル襲来に始まる動乱の時代を描き出す

著者:小林 一岳
 
室町絵巻の魔力

室町絵巻の魔力

絵巻に憑かれた将軍たち。その魔力に迫る

著者:高岸 輝
 
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 8

激動の世紀と群像たちの姿

著者:森 茂暁
 
東国の南北朝動乱

東国の南北朝動乱 131

北畠親房と東国武士の闘いの意味を問う

著者:伊藤 喜良
 
 
細川頼之

細川頼之

室町幕府の基礎固めた、名宰相の伝

著者:小川 信
 
赤松円心・満祐

赤松円心・満祐

赤松一族興亡の歴史を描く

著者:高坂 好
 
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 10

東アジアという文脈から長期の内乱を描く

著者:村井 章介
 
 

このページのトップへ