安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 源義家

源義家

源義家

武門の棟梁として威名天下に轟き、武勇の神と仰がる。史実に基づいて究明した”八幡太郎”の伝

著者 安田 元久
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 古代
出版年月日 1989/01/01
ISBN 9784642051668
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

武門の棟梁として威名天下に轟き、武勇の神と仰がる。史実に基づいて究明した”八幡太郎”の伝

このページのトップへ

関連書籍

前九年・後三年合戦と兵の時代

前九年・後三年合戦と兵の時代 5

“源氏史観”ではない新たな東北の古代史

著者:樋口 知志
 
平将門と東国武士団

平将門と東国武士団 1

将門追討で功をなした人々の系譜を辿る

著者:鈴木 哲雄
 
 
奥州藤原氏

奥州藤原氏

みちのく平泉に眠る清衡ら四代の栄光と落日

著者:高橋 富雄
 
東北の争乱と奥州合戦

東北の争乱と奥州合戦 5

東北と源氏の戦争の全貌に迫る

著者:関 幸彦
 
 

このページのトップへ