安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大内義隆

大内義隆

大内義隆

文化の愛好と貿易の富力で「山口王国」を築き、逆臣のため非業な末路遂げた風雅な武将悲劇の伝

著者 福尾 猛市郎
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 中世
出版年月日 1989/01/01
ISBN 9784642051736
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

1 大内氏の出目
2 大内氏の発展
3 義隆の生立と性向、その家族
4 義隆の政治と軍事
5 義隆の学問と芸能
6 海外遣使と西洋文化
7 大内文化とその歴史的意義
8 陶氏謀叛の因由と経過
9 悲劇の最期
10 その後の情勢と毛利氏の追善
11 義隆の自筆書状
大内氏系図
略年譜

このページのトップへ

内容説明

戦国武将中たぐい稀れなる文化愛好者であり、高い教養と、貿易による富力とによって、当時比類なき「山口王国」を築き上げながら、ついに謀臣の叛逆にあって非業な最後をとげた大内義隆。本書はこの文事を愛しながらも武備を怠ったその運命を描いた異色ある伝記で、悲劇の顛末に至っては読者をしてひとしおの感慨を抱かしめずにはおかない。

このページのトップへ

関連書籍

出雲尼子一族

出雲尼子一族

一族盛衰の歴史をダイナミックに描いた名著

著者:米原 正義
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ