安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 藤原行成

藤原行成 206

藤原行成

一代の名筆と謳われ、抜群の政治感覚で道長政権下に活躍。『権記』手掛かりに貴族官僚の実像に迫る。

著者 黒板 伸夫
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 古代
出版年月日 1994/01/01
ISBN 9784642051996
判型・ページ数 4-6・320ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

一代の名筆と謳われ、抜群の政治感覚で道長政権下に活躍。『権記』手掛かりに貴族官僚の実像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究

黒板勝美の思い出と私たちの歴史探究

戦前の日本史学界を牽引した大歴史家の実像

 
 
小野道風

小野道風 273

平安中期の名筆。能書の誉れ輝く三跡の代表

著者:山本 信吉
 
藤原道長

藤原道長 250

摂関政治全盛を築いた公卿の傑出した生涯

著者:山中 裕
 
 
一条天皇

一条天皇 236

藤原摂関家と協調し、王朝文化を開いた実像

著者:倉本 一宏
 
清少納言

清少納言

枕草子の著者。学識と機智に富む稀代の才女

著者:岸上 慎二
 
 
紫式部

紫式部

王朝ロマンの最高峰『源氏物語』作者の生涯

著者:今井 源衛
 
 

このページのトップへ