安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 佐々木導誉

佐々木導誉 208

佐々木導誉

南北朝動乱期「ばさら大名」の典型。芸能・文芸に堪能な文武両道に秀でた風雲児の生涯を描く。

著者 森 茂暁
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 中世
出版年月日 1994/01/01
ISBN 9784642052016
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

南北朝動乱期「ばさら大名」の典型。芸能・文芸に堪能な文武両道に秀でた風雲児の生涯を描く。

このページのトップへ

関連書籍

吉野の霧 太平記

吉野の霧 太平記

激動の中世を描く歴史文学の傑作!

著者:桜井 好朗
 
太平記の世界

太平記の世界

光と闇を生き抜き、戦い続けた人々を描く

著者:佐藤 和彦
 
 
足利尊氏と関東

足利尊氏と関東

尊氏ゆかりの関東に、等身大の姿を発見!

著者:清水 克行
 
元寇と南北朝の動乱

元寇と南北朝の動乱 4

モンゴル襲来に始まる動乱の時代を描き出す

著者:小林 一岳
 
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 8

激動の世紀と群像たちの姿

著者:森 茂暁
 
東国の南北朝動乱

東国の南北朝動乱 131

北畠親房と東国武士の闘いの意味を問う

著者:伊藤 喜良
 
 
新田義貞

新田義貞 239

『太平記』に創出された凡将・愚将観を覆す

著者:峰岸 純夫
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 10

東アジアという文脈から長期の内乱を描く

著者:村井 章介
 
 

このページのトップへ