安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 徳川綱吉

徳川綱吉 217

徳川綱吉

生類憐みの令により犬公方の異名で知られ、毀誉褒貶の雑説にまみれた徳川五代将軍の実像描く。

著者 塚本 学
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 近世
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642052108
判型・ページ数 4-6・328ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

生類憐みの令により犬公方の異名で知られ、毀誉褒貶の雑説にまみれた徳川五代将軍の実像描く。

このページのトップへ

関連書籍

刀剣と格付け

刀剣と格付け

「名物」とは何か。刀剣からみえる武家社会

著者:深井 雅海
 
犬と鷹の江戸時代

犬と鷹の江戸時代 423

動物好きな将軍に翻弄された人々とその時代

著者:根崎 光男
 
 
徳川歴代将軍事典

徳川歴代将軍事典

15代の治世ごとに約1000項目を収録

著者:大石 学
 
元禄の社会と文化

元禄の社会と文化 15

華やかな元禄文化の光と影を探る

著者:高埜 利彦
 
 
綱吉と吉宗

綱吉と吉宗 3

老中を信用できなかった養子将軍たちの政治

著者:深井 雅海
 
 

このページのトップへ