安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 藤原純友

藤原純友 220

藤原純友

平安中期の官僚。なぜ海賊集団を組織し反逆者となったのか。古代海賊の分析を交えて生涯を描く。

著者 松原 弘宣
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 古代
出版年月日 1999/01/01
ISBN 9784642052139
判型・ページ数 4-6・252ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

平安中期の官僚。海賊鎮圧のために伊予に派遣されたが、関東の平将門の反乱と時を経ずして、瀬戸内で反乱を起こす。純友が傍流ながら摂関家につながる中央官人であったという説に立ち、承平・天慶の乱を読み直す。彼がなぜ海賊集団を組織し、反逆者となったのか。十世紀の東アジアと瀬戸内交易との関係、古代の海賊の分析を交えて、生涯を描く。

このページのトップへ

関連書籍

摂関政治と地方社会

摂関政治と地方社会 5

中世への胎動の時代。新視点を交えて描く!

著者:坂上 康俊
 
 

このページのトップへ