安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 長屋王

長屋王 221

長屋王

奈良時代、権勢を振るうが政変で自尽した悲劇の皇族政治家。邸宅跡発掘と史料駆使し生涯描く。

著者 寺崎 保広
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 古代
出版年月日 1999/02/01
ISBN 9784642052146
判型・ページ数 4-6・302ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

奈良時代の皇族政治家。政府の首班として権勢を振るうが、藤原氏の陰謀によって自尽に追込まれる。文化・知識人としても勝れ、和銅経・神亀経を残す。なぜ「長屋王の変」は起きたのか。邸宅跡の発掘に立会った著者が、出土した大量の木簡や資料を基に政変の真相を探り、王家の生活を復元。これまでの研究史と最新の研究成果を活かして生涯を描く。

このページのトップへ

関連書籍

平城京の住宅事情

平城京の住宅事情 396

都で働く人々はどこに住んでいたのか

著者:近江 俊秀
 
日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
 
奈良時代の政争と皇位継承

奈良時代の政争と皇位継承

天皇権力と専権貴族の政治闘争の実態に迫る

著者:木本 好信
 
平城京の時代

平城京の時代 2

首都・仏都・国際都市…。古都奈良のすべて

著者:田辺 征夫
佐藤 信
 
 
奈良の都

奈良の都

不比等、聖武、光明子…。天平文化の華開く

著者:笹山 晴生
 
鑑真

鑑真

唐僧、唐招提寺開祖の伝

著者:安藤 更生
 
 
藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

悲劇の宰相の生涯から奈良朝史の秘鍵を解く

著者:岸 俊男
 
和気清麻呂

和気清麻呂

勝れた古代革新政治家の真面目新たに成る。

著者:平野 邦雄
 
 
光明皇后

光明皇后

聖武天皇の皇后、天平のヒロインの生涯

著者:林 陸朗
 
藤原不比等

藤原不比等 212

律令国家の基礎を築いた稀代の大政治家伝

著者:高島 正人
 
 
〈聖徳太子〉の誕生

〈聖徳太子〉の誕生 65

聖徳太子論争を巻き起こした、革命的な1冊

著者:大山 誠一
 
跋扈する怨霊

跋扈する怨霊 237

道真、将門、崇徳院…彼らはなぜ祟るのか?

著者:山田 雄司
 
 

このページのトップへ