安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 支倉常長

支倉常長 234

支倉常長

伊達政宗に見出だされ、慶長遣欧使節としてローマ教皇に謁見した仙台藩士。禁教令250年の封印から蘇った実像と、その時代に迫る。

著者 五野井 隆史
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 近世
出版年月日 2003/03/01
ISBN 9784642052276
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第一=おいたち(支倉氏の祖先/常長の周辺/常長と政宗)/第二=遣欧施設派遣の背景(政宗と異国人の接触/ソテロとビスカイノ/遣使の経緯と造船)/第三=太平洋を乗り切る(常長の抜擢/太平洋を横断/メキシコ滞在/メキシコにおける使節への対応)/第四=キリスト教に改宗(ソテロの故郷にて/国王との謁見/国王臨席の洗礼式)/第五=難航するローマへの旅(長引くマドリード滞在/ローマへの旅路)/第六=ローマの招かれざる客(ローマ入市式/教皇パウロ五世に謁見/ローマ滞在の日々/教皇庁の対応)/第七=ローマからスペインへの旅(苦渋に満ちた旅路/セビーリャにおける憂愁)/第八=苦悩の船旅(メキシコの落日/マニラへの渡航)/第九=帰国(帰国と禁教令施行/帰国後の消息)/第十=蘇った常長(二五〇年後の復活/現在に生きる)/支倉氏略系図/略年譜

このページのトップへ

内容説明

江戸時代初期、慶長遣欧使節の大使を務めた仙台藩士。伊達政宗に若くして見出だされ、メキシコとの通商を求めて欧州へ渡った。スペインで洗礼を受けてキリスト教に改宗し、ローマで教皇パウロ5世に謁見したが、使命を果せず禁教令施行の中帰国した。約250年封印され、明治の欧化政策の中で蘇った常長の足跡を再評価し、実像とその時代に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

伊達政宗の研究(新装版)

伊達政宗の研究(新装版)

政宗の全貌に鋭く迫る大著。待望の復刊

著者:小林 清治
 
キリシタン大名

キリシタン大名

武将たちがキリスト教にかけた思いと挫折!

著者:岡田 章雄
 
 
日本キリシタン史の研究

日本キリシタン史の研究

キリシタンの光と影の歴史を解き明かす名著

著者:五野井 隆史
 
伊達政宗

伊達政宗

独眼よく奥羽を制覇し屈指の大藩築いた生涯

著者:小林 清治
 
 

このページのトップへ