安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 徳川和子

徳川和子 252

徳川和子

将軍の娘から皇后へ─。葵と菊の架け橋となった「東福門院(とうふくもんいん)」の生涯

著者 久保 貴子
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 近世
出版年月日 2008/02/01
ISBN 9784642052450
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第一=誕生(和子誕生と徳川家/和子の姉たち/祖父徳川家康と朝廷)/第二=入内(およつ一件/和子入内/女一宮の誕生/中宮冊立/二条城行啓)/第三=中宮から女院へ(高仁親王の誕生とその死/後水尾天皇の譲位/女院御所/明正天皇の即位)/第四=女院時代(東福門院の娘たち/東福門院と後光明天皇/後光明天皇の死と皇位継承/東福門院と後水尾上皇/東福門院と大通文智/東福門院の趣味趣向)/第五=東福門院の死(国母の死/十七世紀の後宮)

このページのトップへ

内容説明

江戸時代初期、徳川秀忠の娘和子(まさこ)は、家康の対朝廷政策により、後(ご )水尾(みずのお)天皇の許に嫁ぎ、皇后となった。娘の興子(おきこ)が明正天皇として皇位を嗣いだため、若くして国母(こくも)となる。朝廷・幕府間の軋轢(あつれき)に苦悩しつつも、双方への細やかな気配りから存在感を示した。将軍の娘、そして天皇の妻・母の立場から朝幕関係や後宮の実態を見る「東福門院(とうふくもんいん)」初の伝記。

このページのトップへ

関連書籍

将軍権力の確立

将軍権力の確立 2

幕府の基本構造が創られた家光~家綱期

著者:杣田 善雄
 
徳川家光

徳川家光 213

江戸幕府第三代「生まれながらの将軍」の伝

著者:藤井 讓治
 
 

このページのトップへ