安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 足利義持

足利義持 253

足利義持

南北朝から戦国への動乱の狭間、平穏な時代を築いた室町四代将軍初の伝記!

著者 伊藤 喜良
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書
人物叢書 > 中世
出版年月日 2008/06/01
ISBN 9784642052467
判型・ページ数 304ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/第一=北山時代の義持(誕生のころ/征夷大将軍につく/父義満の「愛」と母の死)/第二=家督相続(義満の死去と家督をめぐって/政権初期における権力者の群像/代替りによる統治活動/渡御(御成)と君臣関係)/第三=内大臣義持と朝廷(内大臣と上卿/称光天皇の即位/義持の参内・院参/廷臣と義持/公武の権力関係/後南朝をめぐって)/第四=義持の外交(明との外交関係の断絶/応永の外寇と朝鮮/東アジア世界と義持/第五=争乱・騒動と京都政界(足利持氏鎌倉公方となる/禅秀の乱の勃発/足利義嗣の出奔と幕府内の動揺/大名

このページのトップへ

内容説明

南北朝から戦国への動乱の狭間、平穏な時代を築いた室町四代将軍初の伝記!

このページのトップへ

関連書籍

名前と権力の中世史

名前と権力の中世史 388

足利15代の名前をめぐる将軍権力のゆくえ

著者:水野 智之
 
戦国時代の足利将軍

戦国時代の足利将軍 323

なぜ足利将軍は滅亡しなかったのか

著者:山田 康弘
 
 
室町の平和

室町の平和 5

動乱の中世に訪れた「つかの間の平和」とは

著者:山田 邦明
 
室町絵巻の魔力

室町絵巻の魔力

絵巻に憑かれた将軍たち。その魔力に迫る

著者:高岸 輝
 
 
赤松円心・満祐

赤松円心・満祐

赤松一族興亡の歴史を描く

著者:高坂 好
 
 

このページのトップへ