安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 国民学校

国民学校 10

皇国の道

国民学校

奇跡的に残された資料から、教育の内容と悲劇を追求する。

著者 戸田 金一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642054102
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

国民学校は、1941年「皇国の道に則り」、学童を銃後の戦士として「錬成」する目的をもって生れた。敗戦後、その実態を知るべき書類の多くは焼却されたが、奇跡的に残された資料から、教育の内容と悲劇を追求する。

このページのトップへ

関連書籍

ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
近代日本と「高等遊民」

近代日本と「高等遊民」

実像と政治社会への影響、解決策を解明する

著者:町田 祐一
 
 
明治国家と地域教育

明治国家と地域教育

国家と地域との関係性のダイナミズムを解明

著者:荒井 明夫
 
沼津兵学校の研究

沼津兵学校の研究

多くの人材を輩出した先進的で独自な教育

著者:樋口 雄彦
 
 

このページのトップへ