安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 太平洋戦争と考古学

太平洋戦争と考古学 11

太平洋戦争と考古学

植民地・肇国の考古学・の実態を追求し、激動の時代に生きた考古学者の群像をダイナミックに描いた考古学の歴史。

著者 坂詰 秀一
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 考古学
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642054119
判型・ページ数 234ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

アジア・太平洋地域の侵略から敗戦にいたる考古学は、空白の時期と捉えられてきた。本書は、植民地・肇国の考古学・の実態を追求し、激動の時代に生きた考古学者の群像をダイナミックに描いた考古学の歴史である。

このページのトップへ

関連書籍

日本考古学百景

日本考古学百景

約1500点の貴重な絵葉書で見つめ直す

著者:平田 健
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 
若き特攻隊員と太平洋戦争

若き特攻隊員と太平洋戦争

生死の狭間で苦悩した若者たちの魂の叫び!

著者:森岡 清美
 
山本五十六

山本五十六 264

日本連合艦隊司令長官。“名提督”の実像!

著者:田中 宏巳
 
 
日本考古学史

日本考古学史 34

日本考古学を体系的にまとめた初の考古学史

著者:斎藤 忠
 
 

このページのトップへ