安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 軍備拡張の近代史

軍備拡張の近代史 18

日本軍の膨脹と崩壊

軍備拡張の近代史

日本はなぜ太平洋戦争に負けたのか。その原因を探り、軍拡の恐怖と軍備コントロールの重要性を明らかにする。

著者 山田 朗
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 近現代史
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642054188
判型・ページ数 240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本はなぜ太平洋戦争に負けたのか。その原因は明治以来の軍備拡張の歴史のなかにあった。近代日本の戦略構想や兵器開発の矛盾、軍組織の特徴などから、軍拡の恐怖と軍備コントロールの重要性を明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真
 
国際化時代「大正日本」

国際化時代「大正日本」 4

〈国際化〉は日本に何をもたらしたのか?

著者:櫻井 良樹
 
 

このページのトップへ