安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 柳田国男

柳田国男 19

その生涯と思想

柳田国男

民俗学の創始者柳田国男は、学問によって世を救うという強烈な意志があった。それは混迷する現代へのメッセージである。

著者 川田 稔
ジャンル 民俗学
民俗学 > 概説・民俗一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 民俗学・人類学
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642054195
判型・ページ数 208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

民俗学の創始者柳田国男は、伝統的な生活文化と氏神信仰を描き出し、日本人とは何かという問題に迫ろうとした。その背景には学問によって世を救うという強烈な意志があった・。それは混迷する現代へのメッセージである。

このページのトップへ

関連書籍

現代日本の民俗学

現代日本の民俗学

細分化した学問状況から今後のあり方を問う

著者:福田 アジオ
 
民俗学を支えた人びと

民俗学を支えた人びと 15

史上の大先達と親しい学者描く日本民俗学史

著者:宮田 登
 
 
私説 柳田國男

私説 柳田國男

晩年の愛弟子が語る、知られざるエピソード

著者:櫻井 徳太郎
 
 

このページのトップへ