安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 災害都市江戸と地下室

災害都市江戸と地下室 33

災害都市江戸と地下室

都市構造と住民の暮らしから迫る、穴蔵の実態。

著者 小沢 詠美子
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642054331
判型・ページ数 210ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

百万の人口を擁する江戸は、火事が頻発する災害都市でもあった。この江戸には無数の地下室=穴蔵が設けられていたことが、近年の考古学の調査によって明らかになった。江戸の特色といえる穴蔵を、火災と土蔵との関係、普請費用と資産価値、穴蔵大工、近代化と穴蔵の消長などの万般について、江戸の構造とそこに暮らす人びとの生活実態を通して迫る。

このページのトップへ

関連書籍

江戸の開府と土木技術

江戸の開府と土木技術

考古学の視点で都市の構造とその技術に迫る

著者:江戸遺跡研究会
 
大地震

大地震

最新の研究成果から検証。将来へ備える。

著者:宇佐美 龍夫
 
 
地震の社会史

地震の社会史

幕末の大震災から学ぶ災害情報と救済活動

著者:北原 糸子
 
城下町

城下町 68

武家から町人の町へ… 変化する様子を描く

著者:松本 四郎
 
 
災害復興の日本史

災害復興の日本史 361

噴火・震災…古記録が語る大災害からの復興

著者:安田 政彦
 
人々の営みと近世の自然

人々の営みと近世の自然 4

江戸時代の自然の大改造と災害復興を描く

著者:水本 邦彦
 
 
日本歴史災害事典

日本歴史災害事典

貞観年間~東日本大震災。最新成果を結集

 
大震災と歴史資料保存

大震災と歴史資料保存

歴史文化の根付いた地域社会づくりを提言

著者:奥村 弘
 
 
史跡で読む日本の歴史 9

史跡で読む日本の歴史 9

各地で多様な文化が育まれた時代を読みとく

著者:岩淵 令治
 
中世の巨大地震

中世の巨大地震 264

被害状況の実態に迫り現代社会に警鐘鳴らす

著者:矢田 俊文
 
 
日本災害史

日本災害史

人々はいかに災害を乗り越えてきたのか?

著者:北原 糸子
 
 

このページのトップへ