安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 親鸞

親鸞 37

親鸞

新知見と新見解によって素顔の親鸞を検証する

著者 平松 令三
ジャンル 宗教史
宗教史 > 宗教一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642054379
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

自己の思想信条には雄弁だった親鸞。だが、彼ほど私生活を語らなかった人もいない。曽孫覚如制作の「親鸞伝絵」が、どれだけその実像を伝え、どれほど乖離しているか、新見解と新学説とによって検証する。京都六角堂での夢告から法然との出会い、越後への流罪と関東教化の足跡をたどり、帰洛入滅にいたる苦悩の生涯を追究し、素顔の親鸞に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本の奇僧・快僧

日本の奇僧・快僧

時代を動かした知的アウトサイダーの実像

著者:今井 雅晴
 
親鸞と歎異抄

親鸞と歎異抄 392

今なお人びとの心を惹き付ける思想に迫る

著者:今井 雅晴
 
 
親鸞と東国

親鸞と東国

日本最大の宗派を築いた聖人の生涯!

著者:今井 雅晴
 
親鸞の信仰と呪術

親鸞の信仰と呪術

病気治療や来迎観などから信仰の実態に迫る

著者:小山 聡子
 
 
親鸞

親鸞

異説多い親鸞伝の諸問題を解き明かす。

著者:赤松 俊秀
 
親鸞の生涯と思想

親鸞の生涯と思想

親鸞研究の第一人者が、思想と実像を解明

著者:平松 令三
 
 

このページのトップへ