安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 番茶と日本人

番茶と日本人 46

番茶と日本人

茶道とは別の視点から描く、番茶日本文化論。

著者 中村 羊一郎
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642054461
判型・ページ数 216ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

番茶は、煎茶の普及以前から、自家用または狭い地域で流通していた庶民の茶である。日常茶飯事といわれるほど日本人の暮らしに根づいている番とは、この番茶ではなかったか。番茶の産地・製法・利用法を求め、国内はもとより東アジアの各地を行脚する。「食」としての茶の位置づけを軸に、列島文化の成立ちを、グローバルな視点から描く日本文化論。

このページのトップへ

関連書籍

番茶と庶民喫茶史

番茶と庶民喫茶史

「食べるお茶」など、お茶独自の文化を探究

著者:中村 羊一郎
 
戦国武将と茶の湯

戦国武将と茶の湯

文化の牽引者として生き抜いた一側面に迫る

著者:米原 正義
 
 
料理の起源

料理の起源

タネから胃袋まで、食文化の深層に迫る名著

著者:中尾 佐助
 
家庭料理の近代

家庭料理の近代 356

今日の食卓を豊かにした食の文明開化を描く

著者:江原 絢子
 
 
千利休

千利休

茶聖利休! 偉大な芸術的大天才の伝記。

著者:芳賀 幸四郎
 
栄西

栄西

鎌倉期臨済宗の開祖。茶祖。人と事蹟を描く

著者:多賀 宗隼
 
 

このページのトップへ