安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > アジアのなかの琉球王国

アジアのなかの琉球王国 47

アジアのなかの琉球王国

アジアに雄飛した琉球王国のはてしなく壮大な物語。

著者 高良 倉吉
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 世界史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642054478
判型・ページ数 182ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

地図を広げると、東アジアの中央に転々と横たわっている沖縄の島々。そこはかつて琉球王国とよばれ、中国や日本、朝鮮、東南アジアと活発な交流を繰り広げる独立した海洋王国であった。王国に隆盛をもたらした国際交流のからくりとは何か。波濤の海を越えた船舶の謎をはじめ国際港・那覇の舞台裏まで、アジアの架け橋となった歴史の風景を旅する。

このページのトップへ

関連書籍

琉球王国と戦国大名

琉球王国と戦国大名 421

琉球と島津氏の相克の歴史を辿る!

著者:黒嶋 敏
 
尚氏と首里城

尚氏と首里城

“天下人” の覇業と琉球王国の盛衰に迫る

著者:上里 隆史
 
 
中世日本の勝者と敗者

中世日本の勝者と敗者 11

中世社会を読み解き、勝敗の意味を考える

著者:鍛代 敏雄
 
琉球国の滅亡とハワイ移民

琉球国の滅亡とハワイ移民 369

ハワイ移民が語った王国滅亡と等身大の歴史

著者:鳥越 皓之
 
 
近世琉球と中日関係

近世琉球と中日関係

両国を仲介する二面外交の実態などを探る

著者:渡辺 美季
 
古代の琉球弧と東アジア

古代の琉球弧と東アジア 343

謎につつまれた古代琉球列島の全貌に迫る!

著者:山里 純一
 
 
琉球王国の外交と王権

琉球王国の外交と王権

王国独自の政治外交と王権の特質に迫る

著者:豊見山 和行
 
琉球国使節渡来の研究

琉球国使節渡来の研究

使節渡来の実態と「琉球」の位置を論じる

著者:横山 學
 
 
幕藩制形成期の琉球支配

幕藩制形成期の琉球支配

琉球に対する国家支配のあり方を浮彫

著者:上原 兼善
 
 

このページのトップへ