安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奈良朝の政変劇

奈良朝の政変劇 53

皇親たちの悲劇

奈良朝の政変劇

血塗られた奈良の都―皇親たちの破滅と没落。数々の政変劇の実態を通して、日本古代国家の権力構造を探る。

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642054539
判型・ページ数 238ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

天平文化の花開いた奈良の都で、皇位継承権を持った天武天皇の子孫たちは、藤原氏の専権に反感を持つ氏族の策謀に巻き込まれ、次々と滅ぼされていった。数々の政変劇の実態を通して、日本古代国家の権力構造を探る。

このページのトップへ

関連書籍

史跡で読む日本の歴史 4

史跡で読む日本の歴史 4

平城遷都1300年。古都の全貌が明らかに

著者:佐藤 信
 
平城京に暮らす

平城京に暮らす 288

飲食、労働、病気…。都に暮らす人々の姿

著者:馬場 基
 
 
藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

悲劇の宰相の生涯から奈良朝史の秘鍵を解く

著者:岸 俊男
 
 

このページのトップへ