安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 特務機関の謀略

特務機関の謀略 57

諜報とインパール作戦

特務機関の謀略

連合国を震撼させた光機関。その情報戦略の実態。

著者 山本 武利
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642054577
判型・ページ数 236ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

第二次大戦中、ビルマなどで暗躍した光機関。近年公開の米国立公文書館の特務機関や日本軍暗号通信解読文書(英・和文)から、連合国との熾烈な諜報・宣伝活動の実態、悲惨な結末となったインパール作戦の敗因を探る。

このページのトップへ

関連書籍

情報覇権と帝国日本Ⅰ

情報覇権と帝国日本Ⅰ

西欧情報覇権への帝国日本の挑戦を描く

著者:有山 輝雄
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 
陸軍登戸研究所と謀略戦

陸軍登戸研究所と謀略戦 337

科学者たちの姿から戦争と科学の関係を描く

著者:渡辺 賢二
 
対日宣伝ビラが語る太平洋戦争

対日宣伝ビラが語る太平洋戦争

豊富な図版で対日心理戦の実像に迫る!

著者:土屋 礼子
 
 

このページのトップへ