安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平泉中尊寺

平泉中尊寺 59

金色堂と経の世界

平泉中尊寺

豊富な知識を縦横に駆使して虚と実を洗い出し、藤原氏とその文化の意味を解き明かす。

著者 佐々木 邦世
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 1999/02/01
ISBN 9784642054591
判型・ページ数 4-6・226ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代・中世の東北に燦然と輝く奥州藤原氏の文化。平安美術の宝庫、中尊寺の歴史を斬新な視角から描写する。中尊寺に育った著者が、豊富な知識を縦横に駆使して虚と実を洗い出し、藤原氏とその文化の意味を解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

平泉の光芒

平泉の光芒 1

中世東北の幕開け。シリーズ全5巻刊行開始

著者:柳原 敏昭
 
奥州藤原氏

奥州藤原氏

みちのく平泉に眠る清衡ら四代の栄光と落日

著者:高橋 富雄
 
 
平泉と奥州道中

平泉と奥州道中 7

陸前北部の多彩な歴史と文化を再発見

 
 

このページのトップへ