安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 人権の思想史

人権の思想史 68

人権の思想史

「生きる権利」を世界史の中に探り、人権は「終わりなき旅」であることを宣言する

著者 浜林 正夫
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 世界史
出版年月日 1999/06/01
ISBN 9784642054683
判型・ページ数 238ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

人権思想の成立を近代ヨーロッパに求め、アジアでの展開など、「生きる権利」を世界史の中に探る。植民地・女性問題などで、絶えず人権がふみにじられてきたことを通し、人権は「終わりなき旅」であることを宣言する。

このページのトップへ

関連書籍

戦争とハンセン病

戦争とハンセン病 287

隔離政策の実態を解明し、差別の構造を追及

著者:藤野 豊
 
卑賤観の系譜

卑賤観の系譜 8

身分と差別を生み出した歴史の原点にかえる

著者:神野 清一
 
 

このページのトップへ