安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世の百姓世界

近世の百姓世界 69

近世の百姓世界

かつて民衆が自らを「御百姓」と誇りをもって主張した時代があった。今も私たちを規制する思考や行動の原点を探る。

著者 白川部 達夫
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 近世史
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 1999/06/01
ISBN 9784642054690
判型・ページ数 4-6・226ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

かつて民衆が自らを「御百姓」と誇りをもって主張した時代があった。記憶の彼方に忘れ去られようとしている百姓の土地観念、人との関わりや自由の歴史構造をキーワードに、今も私たちを規制する思考や行動の原点を探る。

このページのトップへ

関連書籍

闘いを記憶する百姓たち

闘いを記憶する百姓たち 454

領主や幕府に訴えをなす民衆が主人公の歴史

著者:八鍬 友広
 
近世郷村の研究

近世郷村の研究

郷村を分析し、近世の社会構造を捉え直す。

著者:藤田 和敏
 
 
幕末の世直し 万人の戦争状態

幕末の世直し 万人の戦争状態 307

民衆は暴力の封印を解き、一揆から世直しへ

著者:須田 努
 
佐倉惣五郎

佐倉惣五郎

義民惣五郎は架空の人物か。実像に迫る!

著者:児玉 幸多
 
 

このページのトップへ