安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 太平洋戦争と歴史学

太平洋戦争と歴史学 77

太平洋戦争と歴史学

戦争期の歴史学界の実態を解きほぐし、時局に便乗する者、抗する者など、様々の群像を通して、歴史学の社会的責任を考える。

著者 阿部 猛
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 1999/10/01
ISBN 9784642054775
判型・ページ数 204ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

軍部や政治家の戦争責任を追及するとき、歴史家みずからの軌跡も総括しなければ迫力を欠く。戦争期の歴史学界の実態を解きほぐし、時局に便乗する者、抗する者など、様々の群像を通して、歴史学の社会的責任を考える。

このページのトップへ

関連書籍

消されたマッカーサーの戦い

消されたマッカーサーの戦い

なぜマッカーサーレポートはつくられたのか

著者:田中 宏巳
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
 
若き特攻隊員と太平洋戦争

若き特攻隊員と太平洋戦争

生死の狭間で苦悩した若者たちの魂の叫び!

著者:森岡 清美
 
山本五十六

山本五十六 264

日本連合艦隊司令長官。“名提督”の実像!

著者:田中 宏巳
 
 

このページのトップへ