安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 幕末民衆文化異聞

幕末民衆文化異聞 79

真宗門徒の四季

幕末民衆文化異聞

幕末真宗門徒の「民俗」を通して、歴史変革の課題を考える。

著者 奈倉 哲三
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 1999/11/01
ISBN 9784642054799
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

民衆の日常的世界である民俗事象は、今やきわめて重要な歴史学の対象となった。一年に何度も寺院に上って聴聞しては泣き笑った節談説教の紹介も交え、幕末における浄土真宗門徒の信仰生活を克明に描写し、従来の民衆信仰像に大きな修正を迫る。また、その真宗民俗の意味への問を通じ、近代へ向う国家と民衆の抗争点や思想変革の課題をも考える。

このページのトップへ

関連書籍

幕末民衆文化異聞

幕末民衆文化異聞 79

真宗門徒の民俗から歴史変革の課題を考える

著者:奈倉 哲三
 
 

このページのトップへ