安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > ヒトラーのニュルンベルク

ヒトラーのニュルンベルク 90

第三帝国の光と闇

ヒトラーのニュルンベルク

20世紀の闇――ナチスを生んだ歴史の根源を問う。

著者 芝 健介
ジャンル 外国歴史 > 外国史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 世界史
出版年月日 2000/04/01
ISBN 9784642054904
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

第二次大戦後、ナチスの戦争犯罪を裁く国際法廷が開かれた街ニュルンベルク。だが、この古都はヒトラーに愛され、ナチ党全国大会開催地としてドイツの現代史をになっていた。壮大な光のページェントを現出したナチスの祝祭空間。その背後で展開されたユダヤ人の強制移送。大衆運動としてのナチズムを多角的に論じ、「ヒトラーの時代」を改めて考える。

このページのトップへ

関連書籍

日本陸軍の対ソ謀略

日本陸軍の対ソ謀略

新視点で実態を再考し、戦略的関係に迫る。

著者:田嶋 信雄
 
ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

美術と政治が交錯する特異な世界を描き出す

著者:安松 みゆき
 
 

このページのトップへ