安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 万葉集と古代史

万葉集と古代史 94

万葉集と古代史

古代史の碩学が語る万葉人の世界。

著者 直木 孝次郎
ジャンル 国語・国文学
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2000/06/01
ISBN 9784642054942
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代文学の至宝=万葉集は、かけがえのない古代史料の宝庫でもある。有間皇子・額田王より大伴家持にいたる白鳳・天平時代百年間の歌人から、政治史とかかわる人を選び、その人の生き方と政治の動向を追究。日本書紀・続日本紀では窺いしれない歴史の一面を、万葉歌を通して、歌の意味、作者の心理まで立ち入り、歴史の推移と歌風の変遷を考える。

このページのトップへ

関連書籍

柿本人麻呂

柿本人麻呂 288

『万葉集』を手がかりに謎多き生涯に迫る

著者:多田 一臣
 
日本古代の典籍と宗教文化

日本古代の典籍と宗教文化

宗教文化は古代社会でいかに醸成されたのか

著者:増尾 伸一郎
 
 
歴史の旅 古代大和を歩く

歴史の旅 古代大和を歩く

国のまほろば、大和を旅するガイドブック

著者:和田 萃
 
直木孝次郎 歴史を語り継ぐ

直木孝次郎 歴史を語り継ぐ

古代史の碩学が語る次代へのメッセージ

著者:直木 孝次郎
 
 
山上憶良

山上憶良 266

万葉歌人の独自の作風と、貴き生涯を追う

著者:稲岡 耕二
 
古代への道

古代への道 14

誰にでもわかりやすい市民の古代史の誕生!

著者:直木 孝次郎
 
 
万葉集と歌人たち

万葉集と歌人たち 12

額田王・人麻呂・憶良・家持らの真実の姿

著者:直木 孝次郎
 
額田王

額田王 249

二人の皇子に愛された『万葉集』女流歌人伝

著者:直木 孝次郎
 
 

このページのトップへ