安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 役行者と修験道の歴史

役行者と修験道の歴史 98

役行者と修験道の歴史

役行者伝承を通して、日本独特の宗教・修験道の歴史を辿る。

著者 宮家 準
ジャンル 宗教史
宗教史 > 宗教一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2000/07/01
ISBN 9784642054980
判型・ページ数 222ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本古来の山岳信仰に外来の仏教・道教や成立神道の影響によって形成された修験道。山の修行によって得られた験力を用い、加持祈祷などをもって、社会・文化に影響を与えてきた。この宗教は役行者を祖師と仰ぎ、それぞれの時代において理想的な役行者像を創造してきた。役行者伝承の展開を通して、修験道の歴史と各時代の宗教・社会状況を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

神と仏の古代史

神と仏の古代史

土偶・仏教伝来・役小角。古代信仰のすべて

著者:上田 正昭
 
 

このページのトップへ