安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 北条政子

北条政子 99

尼将軍の時代

北条政子

女たちの鎌倉時代、激動のなかで輝く個性

著者 野村 育世
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2000/08/01
ISBN 9784642054997
判型・ページ数 200ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本史上でもたぐい稀な個性を放つ女性、北条政子。伊豆の豪族の娘に生まれ、源頼朝と結婚、夫の死後は尼将軍として鎌倉幕府を率い、その礎を築いた。変革期を生きた政治家としての手腕はもちろん、行動や心性、ライフサイクルにも光をあてて、新しい政子像を描き出す。同時に、彼女と共に躍動する中世女性たちをも照射する社会史としての人物伝。

このページのトップへ

関連書籍

鎌倉幕府滅亡と北条氏一族

鎌倉幕府滅亡と北条氏一族 7

武士の世を築いた〝敗者〟が残した遺産とは

著者:秋山 哲雄
 
承久の乱と後鳥羽院

承久の乱と後鳥羽院 6

治天の君はなぜ敗れ、その後をどう生きたか

著者:関 幸彦
 
 
現代語訳 吾妻鏡 8

現代語訳 吾妻鏡 8

後鳥羽上皇は義時追討を命じ、幕府と対決へ

 
現代語訳 吾妻鏡 7

現代語訳 吾妻鏡 7

将軍は頼家から実朝へ。義時が権力を掌握

 
 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
北条重時

北条重時 260

執権泰時・時頼を支え、幕府に寄与した生涯

著者:森 幸夫
 
 
千葉常胤

千葉常胤

関東の名族、東国御家人の重鎮。

著者:福田 豊彦
 
北条政子

北条政子

尼将軍と謳われた女傑の実像を浮彫りにする

著者:渡辺 保
 
 

このページのトップへ