安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 運慶

運慶 101

その人と芸術

運慶

運慶の真の価値、古代・中世の仏師の世界と日本の仏像の魅力を、現場からの研究成果で明らかにする、今日の視点からの新しい仏像論。

著者 副島 弘道
ジャンル 日本歴史 > 伝記
美術史
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2000/09/01
ISBN 9784642055017
判型・ページ数 4-6・222ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

運慶の魅力―プロローグ
運慶とその父
新しい表現
時代の要請
南大門二王像
組織の長
運慶と日本の彫刻―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

平安時代から鎌倉時代へ、激動の時代を生きた仏師運慶。定朝様の穏やかな仏像に対して、躍動感にあふれる清新な作品を生みだし、歴史の檜舞台に登場した。残された日本を代表する仏像を通して、運慶の真の価値、古代・中世の仏師の世界と日本の仏像の魅力を、現場からの最新の研究成果にもとづいて明らかにする、今日の視点からの新しい仏像論。

このページのトップへ

関連書籍

仏師たちの南都復興

仏師たちの南都復興

復興の担い手は運慶だけではなかった!

著者:塩澤 寛樹
 
ほとけを造った人びと

ほとけを造った人びと 366

造り手からみた、あたらしい仏教史

著者:根立 研介
 
 
日本仏像事典

日本仏像事典

仏像のすべてがわかる! 鑑賞に必携の1冊

著者:真鍋 俊照
 
仏像の再発見

仏像の再発見

国宝の仏像を修理した著者が鑑定秘法を公開

著者:西村 公朝
 
 
鎌倉時代造像論

鎌倉時代造像論

様式論中心の研究に新たな展望を拓く

著者:塩澤 寛樹
 
 

このページのトップへ