安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代の神社と祭り

古代の神社と祭り 111

古代の神社と祭り

謎多き古代の神社と神祭りの世界に迫る!

著者 三宅 和朗
ジャンル 宗教史
宗教史 > 宗教一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2001/02/01
ISBN 9784642055116
判型・ページ数 208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代の神社や祭りとはどのようなものだったか。自然が神であった段階から、古代国家の形成とともに神社に常設の神殿が造営されていく。京都の上賀茂神社の葵祭と御阿礼祭の歴史を通し、天皇を中心とする王権の祭祀と地方神社の祭りの相違を考える。環境破壊が問題となる中、人間と自然が共生する信仰の世界から、古代の神社や祭りを見直す。

このページのトップへ

関連書籍

古代の神社と神職

古代の神社と神職 467

わかっていたようで、実は知らない世界!

著者:加瀬 直弥
 
古代の人々の心性と環境

古代の人々の心性と環境

生活空間に広がる異界と人々の関わりに迫る

著者:三宅 和朗
 
 
神と死者の考古学

神と死者の考古学 417

“祭祀考古学”の世界へ読者を誘う!

著者:笹生 衛
 
日本の祭りと芸能

日本の祭りと芸能

芸能の日本民族起源論を否定する日本文化論

著者:諏訪 春雄
 
 

このページのトップへ