安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日赤の創始者 佐野常民

日赤の創始者 佐野常民 118

日赤の創始者 佐野常民

幕末のパリ万博で、赤十字に感銘を受けたサムライの生涯

著者 吉川 龍子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2001/05/01
ISBN 9784642055185
判型・ページ数 4-6・230ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

幕末のパリ万博で、赤十字と出会い感銘を受けたチョンマゲ姿の日本人がいた。西南戦争の最中、人命尊重の精神から博愛社を創設し、日本赤十字社に発展させて日本の赤十字事業を推進した。また、女性救護員(看護婦)の養成にも力を注ぎ、その教育指針は現在の活動にもいかされている。知られざる功績と赤十字の事業や歴史をたどり、その実像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

看護婦の歴史

看護婦の歴史

今日の看護の労働実態の根源に迫る。

著者:山下 麻衣
 
戦争とハンセン病

戦争とハンセン病 287

隔離政策の実態を解明し、差別の構造を追及

著者:藤野 豊
 
 

このページのトップへ