安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日蓮

日蓮 130

日蓮

日蓮の系譜、蒙古襲来の予言、佐渡配流、身延の日々など、日蓮の法華経信仰の営みを歴史的に捉え、等身大の日蓮像を浮き彫りにする。

著者 中尾 堯
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2001/11/01
ISBN 9784642055307
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

日蓮の実像を求めて-プロローグ-/日蓮の系譜と修学(東海の風光-日蓮の出生-/文筆の家-その系譜-/清澄寺の虚空蔵菩薩/比叡への道)/予言と法難(法華題目の創唱/立正安国論/継起する法難-伊豆法難と小松原法難-)/蒙古来襲の予言/危機のなかで)/佐渡と身延の日々(佐渡配流の旅/鎌倉に続く佐渡の受難/佐渡の浄土/流浪の聖者-身延入山-/時を見つめて/終焉の旅)/予言と法難の果てに-エピローグ-/あとがき

このページのトップへ

内容説明

予言と法難で語られる日蓮の生涯は、奇跡に満ちた神聖な物語として描かれてきた。日蓮の系譜、蒙古襲来の予言、佐渡配流、身延の日々など、日蓮の法華経信仰の営みを歴史的に捉え、等身大の日蓮像を浮き彫りにする。

このページのトップへ

関連書籍

日蓮

日蓮

残された手紙や著作から生涯や思想を読解

著者:田村 芳朗
 
日蓮と鎌倉

日蓮と鎌倉

日蓮宗開祖の波瀾の生涯を足跡をたどり描く

著者:市川 浩史
 
 
日蓮

日蓮

史実に基づく正確な一大伝記シリーズ!

著者:大野 達之助
 
日蓮真蹟遺文と寺院文書

日蓮真蹟遺文と寺院文書

新たな日蓮像と教団の特質に迫る

著者:中尾 堯
 
 

このページのトップへ