安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 藤原摂関家の誕生

藤原摂関家の誕生 141

平安時代史の扉

藤原摂関家の誕生

いま明らかになる栄華への道。藤原摂関家はいかにして築かれたのか?

著者 米田 雄介
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2002/06/01
ISBN 9784642055413
判型・ページ数 4-6・238ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

 

中臣鎌足にはじまる藤原氏は、いかにして道長の時代を頂点とする摂関家として君臨するに至ったのか。平安京遷都と数々の政変劇、経済的基盤や天皇の外戚など、摂関政治を考える重要テーマを古記録をもとに整理し、通説を徹底分析。執政の家としての自覚や日記の効用など、藤原摂関家の知られざる側面にも光を当て、平安時代史への新たな扉を叩く。

 

このページのトップへ

関連書籍

入道殿下の物語 大鏡

入道殿下の物語 大鏡

藤原道長、栄華のストーリーと人間ドラマ!

著者:益田 宗
 
現代語訳 小右記 2

現代語訳 小右記 2

実資は公卿に上る。政権の座は道長の手へ

著者:倉本 一宏
 
 
現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
摂関政治と地方社会

摂関政治と地方社会 5

中世への胎動の時代。新視点を交えて描く!

著者:坂上 康俊
 
 
摂関政治と菅原道真

摂関政治と菅原道真 3

両者は対立していたのか。通説を問い直す!

著者:今 正秀
 
平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂

建築・仏像・絵画・庭園…。平安仏教の深層

著者:冨島 義幸
 
 
摂関政治と王朝文化

摂関政治と王朝文化 6

華麗な王朝文化の背景を鮮やかに描く

著者:加藤 友康
 
摂関政治史論考

摂関政治史論考

律令政治の変質過程を明らかにする

著者:山本 信吉
 
 

このページのトップへ