安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 関東大震災と戒厳令

関東大震災と戒厳令 162

関東大震災と戒厳令

封印された『陸軍震災資料』―。政府が隠し続けた、関東大震災と虐殺の真実とは?

著者 松尾 章一
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2003/09/01
ISBN 9784642055628
判型・ページ数 224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ―関東大震災八十周年を迎えて―/戒厳令下の軍隊(戒厳司令部設置前の状況/戒厳司令部設置後の状況)/軍隊と朝鮮人・中国人虐殺(陸軍の対応/海軍の対応/軍人による虐殺の実態)/三大テロ事件と流言蜚語(三大テロ事件と歴史的背景/流言蜚語をめぐって)/自警団と地域社会(自警団の実態/虐殺の起きなかった地域―南多摩郡日野町・七生村―)/エピローグ―研究史をふりかえって―/主要参考文献と史料探索ガイド

このページのトップへ

内容説明

大震災の直後、法的手続きが不十分なまま出された戒厳令の下で、六千名以上の朝鮮人や七百名以上の中国人、社会主義者や労働運動家たちが殺害された。流言蜚語(デマ)が広まり、主に民間人の自警団によって虐殺が行われたとされるが、軍隊と警察は抑制する側だったのか? 虐殺の実態やデマの出所とその意図を探り、隠された真実を暴き出す。

このページのトップへ

関連書籍

帝都防衛

帝都防衛 452

災害とその対策からみえてくる社会の姿とは

著者:土田 宏成
 
国際化時代「大正日本」

国際化時代「大正日本」 4

〈国際化〉は日本に何をもたらしたのか?

著者:櫻井 良樹
 
 
大地震

大地震

最新の研究成果から検証。将来へ備える。

著者:宇佐美 龍夫
 
戦争に隠された「震度7」

戦争に隠された「震度7」

地元新聞社の役割と、被災者の体験談を紹介

著者:木村 玲欧
 
 
災害復興の日本史

災害復興の日本史 361

噴火・震災…古記録が語る大災害からの復興

著者:安田 政彦
 
日本歴史災害事典

日本歴史災害事典

貞観年間~東日本大震災。最新成果を結集

 
 
関東大震災を歩く

関東大震災を歩く

慰霊、鎮魂、復興!受難と再生の記憶を辿る

著者:武村 雅之
 
写真集 関東大震災

写真集 関東大震災

700枚の写真でよみがえる大震災の真実

著者:北原 糸子
 
 
日本災害史

日本災害史

人々はいかに災害を乗り越えてきたのか?

著者:北原 糸子
 
 

このページのトップへ