安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 書物に魅せられた英国人

書物に魅せられた英国人 163

フランク・ホーレーと日本文化

書物に魅せられた英国人

書物への愛に人生を翻弄された日本研究家。その生涯と知られざる「宝玲文庫」の世界。

著者 横山 學
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2003/10/01
ISBN 9784642055635
判型・ページ数 210ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

フランク・ホーレーとの出会い―プロローグ/言語学者ホーレー(言語学者を目指して/お雇外国人英語教師として/日本語辞書の編纂を目指して/研究社『簡易英英辞書』の編纂/ハワイ大学赴任を期待して/英国文化研究所)以下細目略/太平洋戦争とホーレー/ザ・タイムズ特派員と日本研究の再開/ホーレーの夢見たもの―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

日本研究家にしてジャーナリスト=フランク・ホーレー。古書界では稀覯本のコレクターとして知られ、彼の蔵書印「宝玲文庫」のある書物は高く評価されている。一万冊に及ぶ蔵書への愛着ゆえ日本滞在にこだわり、戦争で接収された書物の奪還に奮闘したホーレーとはどんな人物だったのか。書物蒐集に人生を翻弄された英国人の知られざる実像を描く。

このページのトップへ

関連書籍

江戸の蔵書家たち

江戸の蔵書家たち

膨大な書物を蓄えた文人らの知的営為を探る

著者:岡村 敬二
 
幕府のふみくら

幕府のふみくら

貴重な資料を守り、伝えた人びとの姿を描く

著者:長澤 孝三
 
 

このページのトップへ