安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 浅間山大噴火

浅間山大噴火 166

浅間山大噴火

天明3年、日本が激震した!近世社会を揺るがす大災害に立ち向かった人々の、復興をめぐる社会史

著者 渡辺 尚志
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2003/11/01
ISBN 9784642055666
判型・ページ数 222ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

天明三年の大噴火―プロローグ/噴火を記録する(各地における記録/人々の受けとめ方)/噴火を解釈する(噴火の原因は何か/客観的考察への接近/文学的創作と「記録の時代」)/復興に努める(村人たちの尽力/幕府による復興事業/富沢九兵衛の耕地再開発)以下細目略/上野国の大名・旗本領でのとりくみ/激甚被害の村で/復興への尽力と歴史の転換―エピローグ/付表=本書で利用した諸記録一覧

このページのトップへ

内容説明

天明三年、大音響とともに始まった浅間山大噴火。火砕流は山麓の村々を一瞬に呑み込み、火山灰は関東一帯に降り注いだ。当時の人々は噴火をどのように受け止め、災害復興に向けていかなる知恵をしぼり努力を重ねてきたのか。天明の大飢饉を引き起こし、老中田沼の失脚の一因ともなった、歴史の中の浅間山大噴火を読み解き、現代社会への教訓を学ぶ。

このページのトップへ

関連書籍

富士山宝永大爆発

富士山宝永大爆発

生きる手段を失った人々の生活復興への戦い

著者:永原 慶二
 
日本歴史災害事典

日本歴史災害事典

貞観年間~東日本大震災。最新成果を結集

 
 
磐梯山噴火

磐梯山噴火 3

災害観の変化から、時代の転換期を描く

著者:北原 糸子
 
 

このページのトップへ