安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸の地図屋さん

江戸の地図屋さん 168

販売競争の舞台裏

江戸の地図屋さん

江戸の古地図は面白い!大江戸300年のロングセラー「江戸図」に込められた創意と工夫

著者 俵 元昭
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2003/12/01
ISBN 9784642055680
判型・ページ数 226ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

江戸図の入り口(なぜ切絵図は今も売れるか/江戸図に出会う)/切絵図の世界(究極の江戸図とは/異業種参入、市場爆発/売行を試算する)/ロングセラー七〇年(無念の敗退、吉文字屋/蘇った安見図/徒歩圏都市の心理距離)/大絵図の世界(「江戸図の祖」の出現/偉大な道印は何をしたか/手描き大絵図、分割の起源と変遷)/見取り図と回顧地図(江戸図の元祖、慶長図二枚/地図と都市の揺籃期/江戸図は回顧する)/総括してなお残ること(御府内を朱引とする/現実の境界/道灌が見た江戸図)

このページのトップへ

内容説明

江戸の地図を片手に東京を歩いてその工夫を知る。一見不正確な描写に必要な情報が十分に盛り込まれ、当時の大名屋敷や寺社・町屋を尋ねる手引として絶好の伴侶となる江戸切絵図。そこには航空測量にも匹敵し伊能図とは違う独特の世界がある。多くの需要と熾烈な出板競争の中、知恵と技術を尽し実用的な江戸図が追求され続けた歴史の舞台裏に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2

〈東京〉の礎を築いた巨大城下町江戸の全貌

 
江戸の出版統制

江戸の出版統制 456

戯作の文学的魅力と処罰の理由を探る

著者:佐藤 至子
 
 
古地図からみた古代日本

古地図からみた古代日本

地図から読む古代の行政・経済・社会

著者:金田 章裕
 
日本地図史

日本地図史

もう一つの言語としての地図の役割に迫る

 
 
江戸幕府の日本地図

江戸幕府の日本地図 286

全国統治と併せ描く「日本地図」誕生の歴史

著者:川村 博忠
 
大江戸八百八町と町名主

大江戸八百八町と町名主 279

江戸の町を支え続けた町名主の奮闘する姿

著者:片倉 比佐子
 
 

このページのトップへ