安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 明治神宮の出現

明治神宮の出現 185

明治神宮の出現

20世紀の東京、忘れられた「大正の大事業」の真相を掘り起こし、国民にとって明治神宮とは何だったかを考える。

著者 山口 輝臣
ジャンル 宗教史
宗教史 > 宗教一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2005/02/01
ISBN 9784642055857
判型・ページ数 232ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本最大の初詣スポット、明治神宮。なぜ二十世紀の東京に、絵画館・競技場・記念館のある新しい神社が造られたのか。明治天皇の崩御により、即位五十周年を記念する博覧会は計画を変更、新聞には賛否の意見が現れ、多くの神宮候補地が手を挙げた。忘れられた「大正の大事業」の真相を掘り起こし、国民にとって明治神宮とは何だったかを考える。

このページのトップへ

関連書籍

事典 神社の歴史と祭り

事典 神社の歴史と祭り

厳選した60社が映し出す人々の営みと信仰

著者:岡田 荘司
笹生 衛
 
伊勢神宮の成立

伊勢神宮の成立

天照大神はいつ、なぜ伊勢の地に祭られたか

著者:田村 圓澄
 
 
学徒出陣

学徒出陣 43

戦争を生き戦争に散った学徒たちの記録

著者:蜷川 壽惠
 
 

このページのトップへ