安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本禅宗の伝説と歴史

日本禅宗の伝説と歴史 189

日本禅宗の伝説と歴史

〈禅〉の歴史が1冊でわかる!史実と伝説から、知られざる日本禅宗のなりたちに迫る。

著者 中尾 良信
ジャンル 宗教史
宗教史 > 宗教一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2005/05/01
ISBN 9784642055895
判型・ページ数 224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

中国禅宗の流れ―プロローグ/日本仏教と禅宗の出会い(達磨さんが日本へやって来た/最澄・空海と禅宗/中国における転生説話と日本人禅僧第一号)/栄西は禅僧か天台僧か(二度の入宋と禅の受法)/栄西を脅かすライバルたち(叡山仏教と禅への関心/大日房能忍の禅と達磨宗)/栄西の弟子とその門流(退耕行勇とその門下/栄西門流と道元)/道元僧団の構成メンバー(多武峰・波著寺系達磨宗/達磨宗徒と道元示寂後の永平寺)/日本禅宗の性格―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

鎌倉時代に栄西(えいさい)が中国からもたらしたと思われがちな禅宗だが、実は奈良時代に伝来していた。なぜ時代を経て、人びとに広く受け入れられたのか。日本仏教の中で、中国禅宗が日本風に変わっていった歴史を解説。中国禅宗の初祖=達磨(だるま)が来日し、聖徳太子を助けて禅宗を伝えたという伝説と重ね合わせ、知られざる日本禅宗のなりたちと特質に鋭く迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本中世社会と禅林文芸

日本中世社会と禅林文芸

漢文などから禅宗寺院と世俗の関係を活写

著者:芳澤 元
 
白隠

白隠

生涯と研鑽の過程を辿り、書画の魅力に迫る

著者:古田 紹欽
 
 
禅宗の歴史

禅宗の歴史

政治・外交・文化に影響を与えた禅宗の力

著者:今枝 愛真
 
亀泉集証

亀泉集証 271

室町禅林のキーパースンの生涯を描き出す

著者:今泉 淑夫
 
 
栄西

栄西

鎌倉期臨済宗の開祖。茶祖。人と事蹟を描く

著者:多賀 宗隼
 
日本中世禅籍の研究

日本中世禅籍の研究

禅籍世界の知られざる側面に光をあてる。

著者:今泉 淑夫
 
 

このページのトップへ