安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 自然を生きる技術

自然を生きる技術 204

暮らしの民俗自然誌

自然を生きる技術

人は海・山の恵みをどう活かしてきたか。世界各地の生活文化に、生きる技術を探る

著者 篠原 徹
ジャンル 民俗学
民俗学 > 概説・民俗一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 民俗学・人類学
出版年月日 2005/12/01
ISBN 9784642056045
判型・ページ数 224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

雲海の村の暮らしと自然―プロローグ/キワタの咲く村の焼畑と水田 中国海南島(海南島の今/動植物の連環)/不毛の地に生きる畑作民 エチオピア・コンソの人びと(不毛の地に暮らす知恵/誇り高き自給的農業)/海に生きる人びとの技術誌 日本の漁師(伝承される知識/技術を支える経験)/山に生きる人びとの民俗自然誌 里山と環境(生業を支える環境/里山の恵み)/自然を生きる技術―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

亜熱帯のアジア、不毛のサバンナ、海や山などさまざまな場所で、人は生きるための技術を編み出し、日々を暮らす。中国海南島の焼畑やエチオピアでの畑作の知恵、日本の一本釣り漁と山アテ、野生植物の利用など、人は自然といかに関わってきたのか。世界各地で今も受け継がれている独自文化を探り、自然と共存する暮らしの技術とその大切さを説く。

このページのトップへ

関連書籍

近世瀬戸内の環境史

近世瀬戸内の環境史

広島藩領を中心に自然と人々の暮らしを解明

著者:佐竹 昭
 
 

このページのトップへ