安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 江戸八百八町に骨が舞う

江戸八百八町に骨が舞う 213

人骨から解く病気と社会

江戸八百八町に骨が舞う

人骨が語る江戸の病気と暮らし。将軍から遊女まで、骨は口ほどにものを言う…

著者 谷畑 美帆
ジャンル 考古学
考古学 > 考古一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2006/06/01
ISBN 9784642056137
判型・ページ数 220ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

江戸という時代―プロローグ/古人骨からみた江戸の町(人骨と江戸の町/墓と副葬品)/骨と墓から何がわかるか(将軍の遺体と墓/骨からわかる江戸人の病気)/地方の暮らし(宗玄寺跡から/清水大日堂裏古墓から/江戸時代の日記から)/一七~一八世紀のロンドン・英国(遺跡とペスト/遺跡は語る/一八世紀のロンドンの暮らし/地方と生活)/近世都市・江戸(巨大都市/過密とクリーン)/都市病理学の可能性―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

百万人を擁する大都市江戸には、疫病、火災、処刑などによって、いたるところに遺体が散乱していた。そこから発掘された人骨や墓から何が分かるのか。骨に残された痕跡を観察し、病気の種類、社会環境や町の暮らしを復元する。さらに当時の地方やロンドンとの比較も試み、現代の環境づくりに生かす、「都市古病(こびょう)理学(りがく)」の重要性を説く。

このページのトップへ

関連書籍

O脚だったかもしれない縄文人

O脚だったかもしれない縄文人 293

縄文人の病状診断。ヒトの骨は何を語るのか

著者:谷畑 美帆
 
 

このページのトップへ