安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 赤穂浪士の実像

赤穂浪士の実像 214

赤穂浪士の実像

忠臣蔵ファン必読の書! われわれはまだ、本当の“姿”を知らない…。いま明らかにされる赤穂事件、衝撃の真実!

著者 谷口 眞子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2006/07/01
ISBN 9784642056144
判型・ページ数 4-6・218ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

歴史と物語―プロローグ
松の廊下での刃傷
赤穂城明け渡し
大石内蔵助と堀部安兵衛
内部分裂の危機と討ち入りの決定
盟約からの離脱と討ち入り参加者の名誉意識
吉良邸討ち入り
赤穂事件から「忠臣蔵」へ―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

松の廊下での刃傷から吉良邸討ち入りへ―、そのドラマチックな物語が日本人の心を魅了する『忠臣蔵』。討ち入り成功という結果を前提に描かれたこれまでの「勧善懲悪」の物語から赤穂事件を解き放つ。大石内蔵助、堀部安兵衛らの行動・思想をリアルタイムの感覚で捉え、等身大の赤穂浪士の姿と事件の真相を鮮やかに描き出した、ファン必読の書。

このページのトップへ

関連書籍

赤穂浪士と吉良邸討入り

赤穂浪士と吉良邸討入り

討入りの舞台を巡り、事件を再考する!

著者:谷口 眞子
 
赤穂事件と四十六士

赤穂事件と四十六士 15

事件の真相から、勝者と敗者について考える

著者:山本 博文
 
 
綱吉と吉宗

綱吉と吉宗 3

老中を信用できなかった養子将軍たちの政治

著者:深井 雅海
 
仮名手本忠臣蔵を読む

仮名手本忠臣蔵を読む

日本人の心を惹きつける赤穂浪士の魅力!

著者:服部 幸雄
 
 
赤穂四十六士論

赤穂四十六士論

四十六士は義士か否か。

著者:田原 嗣郎
 
赤穂浪士の実像

赤穂浪士の実像 214

いま明らかにされる赤穂事件、衝撃の真実

著者:谷口 眞子
 
 
近世社会と法規範

近世社会と法規範

武士を支えた名誉の観念と身分制社会を解明

著者:谷口 眞子
 
 

このページのトップへ