安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世武士の城

中世武士の城 218

中世武士の城

天守閣はなかった! ここまでわかった中世城館の実像 城郭ファン必読の書

著者 齋藤 慎一
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 中世史
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2006/10/01
ISBN 9784642056182
判型・ページ数 224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

中世のお城―プロローグ(イメージ中の“城”/『玉葉』のなかの城/“城”とは何か!/「武勇」と「安穏」/本拠)/戦国山城の出現(本城の出現/臨時の城館/屋敷の非軍事性)/武家の屋敷と寺院(屋敷の周辺/極楽往生/現世利益)/本拠と要害(武家の本拠―遠江国の事例―/周辺の様相/要害誕生の背景)以下細目略/中世武士の本拠―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

「城」とは何か。いま、城館研究は大きな岐路にさしかかった。これまで中世の城は、土塁(どるい)と堀からなる“戦争”の場と捉えられてきたが、近年、考古学・有職(ゆうそく)故実(こじつ)などの研究成果により“政治的”“日常的”な場の存在が明らかになった。“お城”の現代的なイメージを払拭し、武勇ではなく安穏(あんのん)を求めた社会の現実を踏まえ、中世の城の新たな実像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

東北の名城を歩く 南東北編

東北の名城を歩く 南東北編

名城66を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
日本城郭史

日本城郭史

「軍事」と「日常」という視点で実態に迫る

 
 
中世城郭の縄張と空間

中世城郭の縄張と空間

縄張研究の成果を原点から見つめなおす

著者:松岡 進
 
近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

精選した名城79を紹介したシリーズ近畿編

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
 
城下町

城下町 68

武家から町人の町へ… 変化する様子を描く

著者:松本 四郎
 
関東の名城を歩く 南関東編

関東の名城を歩く 南関東編

四都県の名城64を豊富な図版を交え解説

 
 
関東の名城を歩く 北関東編

関東の名城を歩く 北関東編

名城64を最新の発掘成果で紹介。図版多数

 
よみがえる安土城

よみがえる安土城 167

隠された謎を解き、新しい信長像に迫る

著者:木戸 雅寿
 
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
中世東国の領域と城館

中世東国の領域と城館

本拠・領域における中世城館の性格を展望

著者:齋藤 慎一
 
 

このページのトップへ