安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代出雲

古代出雲 219

古代出雲

新たな視点で八雲立つ出雲国を神話の世界から解き放ち、古代出雲人の生活に迫る!

著者 前田 晴人
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古代史
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2006/11/01
ISBN 9784642056199
判型・ページ数 300ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

出雲神話の世界―プロローグ/天平時代の出雲国(律令国家と出雲国/出雲国の地勢/出雲の民衆世界)/八束水臣津野命の正体(「八雲」「出雲」の起源/古代出雲の四大神/古代出雲の神名火山/国引きの神「八束水臣津野命」/八束水臣津野命の正体)/出雲国造と儀礼(様々な神賀詞奏上儀礼/神賀詞奏上儀礼の始まり/出雲国造神賀詞を読む)以下細目略/出雲国造の勢威と系譜/ミミ王家の国―/出雲大神の宮の創祀

このページのトップへ

内容説明

神話の国、神々の原郷といわれる八雲(やくも)立つ出雲国。その姿を神話世界から解き放ち、日本古代史のなかに位置付ける。ヤマト王権との関わりや出雲(いずもの)国造(くにのみやつこ)の実態、出雲大社の誕生など、多くの謎に包まれた史実を解明。『記紀』や『出雲国風土記』を丹念に読み解き、青木遺跡・荒神谷遺跡ほか最新の考古学成果と対比させながら、古代出雲人(いずもびと)の暮らしに迫る。

このページのトップへ

関連書籍

出雲の中世

出雲の中世 451

一地域から見えてくる中世国家のすがた

著者:佐伯 徳哉
 
出雲国誕生

出雲国誕生 436

古代都市としての出雲国の成立を解明

著者:大橋 泰夫
 
 
荒ぶるスサノヲ、七変化

荒ぶるスサノヲ、七変化 346

変貌する神の魅力から宗教文化を読み解く

著者:斎藤 英喜
 
 

このページのトップへ