安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 読みにくい名前はなぜ増えたか

読みにくい名前はなぜ増えたか 236

読みにくい名前はなぜ増えたか

読めない名前が増えている!  イメージ先行の「でたらめ名前」は、日本語に何をもたらすのか。

著者 佐藤 稔
ジャンル 国語・国文学
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2007/08/01
ISBN 9784642056366
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

変わってゆく名前―プロローグ(子に名をつける/子どもの名前が読めない/どう読めというのか/名前の難しさの質/名前が読めないことで困る世界/少数派の考えか」)以下細目略/「名づけ」と「名前」(「名づけ」とは何か/「名づけ」の由来)/名の用語と意味(さまざまな名前/名前と日本人)/「名乗り字」「名乗り訓」とそれからの逸脱(「名乗り字」と「名乗り訓」とは/逸脱してゆく名前)/日本語と名前の行方―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

近年、子どもの名前に読み方の見当もつかないものが目につく。漢字のイメージを音訓に関係なく採用した「颯(はやて)」や、漢字と対応する外国語の音形を採用した「月(る)菜(な)」などの名前が増えたのはなぜか。変則的な読みの名前で日本語が大きく変化していく可能性や漢字と人名をめぐる表記の歴史を探りながら、名づけと漢字の用い方を、文化の問題として考える。

このページのトップへ

関連書籍

名前と権力の中世史

名前と権力の中世史 388

足利15代の名前をめぐる将軍権力のゆくえ

著者:水野 智之
 
名づけの民俗学

名づけの民俗学 373

モノの名前はどうつけられてきたのかを探る

著者:田中 宣一
 
 
日本人の姓・苗字・名前

日本人の姓・苗字・名前 353

人名から探る、「日本」「日本人」とは

著者:大藤 修
 
苗字の歴史

苗字の歴史

意味・由来・分布・歴史を分かりやすく解説

著者:豊田 武
 
 
話し言葉の日本史

話し言葉の日本史 311

万葉集、歌舞伎などから、話し言葉をたどる

著者:野村 剛史
 
苗字と名前の歴史

苗字と名前の歴史 211

日本の多種多様な“名” を探る

著者:坂田 聡
 
 

このページのトップへ