安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 跋扈する怨霊

跋扈する怨霊 237

祟りと鎮魂の日本史

跋扈する怨霊

長屋王、菅原道真、平将門、崇徳院…。災いなすものたちの系譜を探る。彼らはなぜ怨霊となって祟るのか!

著者 山田 雄司
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2007/08/01
ISBN 9784642056373
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

怨霊とは何か―プロローグ/怨霊の「誕生」と初期の怨霊(怨霊「前史」/怨霊と都市/怨霊におびえる藤原氏/平城京から平安京へ)/怨霊の大衆化(貞観御霊会と民衆のちから/菅原道真の怨霊化と社会)/跋扈する怨霊(日本史上最大の怨霊―崇徳院/安徳天皇と平氏の鎮魂/鎌倉幕府による怨霊への対処/源頼朝の死と怨霊/荒れ狂う後鳥羽院怨霊)以下細目略/怨霊の「終焉」/怨霊を通して見えるもの―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

天然痘を流行させた長屋王、内裏に雷を落した菅原道真、大火災を起した崇徳院…。非業の死を遂げた人物は怨霊となり祟りや災いを起こすとして畏れられ、為政者は怨霊を丁寧に祀り、鎮撫した。虚実とりまぜて論じられがちな怨霊の創出と鎮魂の実態を実際の史料に基づいて辿り、霊魂観・神概念の変遷にも注意しながら怨霊を時代の中に位置づける。

このページのトップへ

関連書籍

幽霊 近世都市が生み出した化物

幽霊 近世都市が生み出した化物 433

日本人が幽霊に込めた〝怖さ〟とは?

著者:髙岡 弘幸
 
将門伝説の歴史

将門伝説の歴史 407

叛逆者と英雄の狭間で揺れる将門伝説の世界

著者:樋口 州男
 
 
摂関政治と菅原道真

摂関政治と菅原道真 3

両者は対立していたのか。通説を問い直す!

著者:今 正秀
 
北野天神縁起を読む

北野天神縁起を読む

縁起を文学作品として読み解いた初の試み

著者:竹居 明男
 
 
将門記を読む

将門記を読む

将門の夢と挫折。現代に語継がれる姿に迫る

著者:川尻 秋生
 
平将門の乱

平将門の乱 4

新皇将門と時代を描き、歴史的影響を検証

著者:川尻 秋生
 
 
長屋王

長屋王 221

奈良期の皇族政治家。邸宅跡発掘交えて描く

著者:寺崎 保広
 
菅原道真

菅原道真

学問の神「天神様」の実伝

著者:坂本 太郎
 
 

このページのトップへ